ソリューション

緊急時対応サービス

提供元 +

 

緊急時にドライバーを救う強力なパートナー関係

 

*Boschの名前とロゴはBoschの商標であり、許可を得た上で使用しています。*Sfaraの名前とロゴはSfara Inc.の商標であり、許可を得た上で使用しています。

[icon]
製品シートをダウンロード

Mentor by eDrivingは、SfaraとBoschが提供する緊急時迅速対応サービスを導入し、ドライバーが一日の終わりに家族が待つ家へ無事に帰れるよう、安全対策を強化しています。

正確な衝突検出

交通人身事故は毎年世界中で最大5,000万件も発生しており1、ドライバーが車両から出られなくなったり、意識を失うなどして、一刻を争うときに救助を求められないこともよくあります。

Mentorに内蔵された自動衝突検出は、業務運転中に交通事故が発生した場合に、従業員や契約社員の身の安全を24時間年中無休で守る機能です。Sfaraが特許を取得した完全なスマートフォンベーステクノロジーが衝突を検出すると、それがトリガーとなり、50か国以上にサービスを提供し、世界中で毎年170万件を超える緊急電話を処理するBosch緊急センターがドライバーに音声通話を発信します。ドライバーからの応答がない場合や、緊急事態が確認された場合は、イベント情報が地域の緊急サービスに中継され、救助隊を現場へ急行させます。同時に、ドライバーのMentor緊急プロファイルの承認済み連絡先(近親者や雇用主など)にも通知されます。

高度な人身安全対策

SfaraとBoschが提供するパーソナルSOS機能を使用すると、従業員や契約社員は、運転中、車両の外に出て商品を配達中、
歩行中、公共交通機関の乗車中などに、気分が悪くなったり、身の危険を感じた場合に、いつでもサイレントモードで緊急電話をかけることができます。3つの柔軟な方法で機能を静かにアクティブにできるため、次のことが可能になります。

  • Sfara Triple-Tapは、スマートフォンがポケットに入っていても使用できます
  • スマートフォンが手元にあるときは、SOSボタンを押せます
  • 任意の長さのタイマーを設定して、Boschの緊急センターによる呼び出しをトリガーすることができます。これにより、危険がある可能性のあるタスクを実行しながら、仮想の「セーフティネット」を作ることができます。

繰り返しになりますが、ドライバーから応答がない場合や、緊急事態が確認された場合は、イベント情報が緊急サービスに中継され、救助隊を現場へ急行させます

業界トップの精度と信頼性

Sfaraのスマートフォン向け「センサーフュージョン」テクノロジーは、スマートフォンのセンサーからのデータを組み合わせ、数多の事故やニアミスを使って「訓練」されたネイティブ人工知能(AI)を採用。可能な限り最高レベルの正確なイベント検出を実現します。洗練されたAIアルゴリズムは、道路のくぼみを走ったとき、ドアを閉めたとき、縁石にぶつかったときなどに起こる「誤検知」99%以上抑制することで、緊急事態が実際に発生した場合にのみ現場に救急隊を急行させます。完全に冗長化されたBoschのグローバルITネットワークにより、一刻を争う状況の中で、毎年170万件以上の救助要請がエージェントに確実に届けられます。

1グローバルロードセーフティパートナーシップ

  • [icon]
    情報およびデモ リクエスト