ソリューション

Mentor by eDriving

ドライバーの危険管理を再定義。

弊社は、デジタル形式の包括的なドライバー1の危険管理ツールを通して世界中の組織が事故、追突、怪我、交通違反、炭素排出量、および車両の総所有コストを低減するお手伝いをしています。

eDrivingの定評あるユニークなスマートフォン上のMentorSMアプリは、プライバシーを重視し、データの安全性を確保したプラットフォームから提供するCrash-Free Culture®(特許取得済み2)のリスク軽減手法を統合し、運転中の危険な行動を特定するだけでなく、アプリ内のマイクロトレーニングやコーチングによって行動を改善するなど、卓越した専門のサービスとサポートをドライバーとマネージャーに提供しています。

1 「ドライバー」とは、車両、トラック、バンの運転手、オートバイや各種二輪車、三輪車の運転手を指します。
2 Mentor by eDrivingSMは、米国の商標で特許を取得しています。特許局:6,714,894。

Mentor by eDrivingの概要

ビデオを見る (2分54秒)

私たちの画期的なアプローチ。

ハードウェアは不要。 Mentorアプリはスマートフォンのセンサーを使用して、電話による注意散漫など、リスクを最も的確に予測できるドライバーの行動の収集と分析を行います。

Mentor by eDrivingの概要

ビデオを見る (2分54秒)

検証済みのFICO®安全運転スコア。eDrivingと分析の業界リーダーであるFICO®とのパートナーシップを通じて、ドライバーが衝突や事故に巻き込まれる可能性を予測する検証済のFICO®安全運転スコアが各自に与えられます。

 
ドライバーの危険度スコア:すべてのドライバーはDriverINDEX®スコアがつけられます。このスコアは、1人のドライバーの衝突、事故、運転免許証の確認データのほか、任意でRoadRISK®の結果が含まれます。組織はこのスコアに基づいて、リスクの高いドライバーへの研修や指導を行うことができます。

アプリ内トレーニング。 Mentorは、危険な行動の特定と報告だけでなく、楽しみながら行えるインタラクティブなマイクロトレーニングモジュール(3~5分)を直接アプリで提供することで、その行動を改善します。

コーチングツールキット。 マネージャーは、簡単に使えるコーチングテンプレートをもとに危険度の高いドライバーに安全運転につながる行動を指導します。月次、年次、および追突事故後のコーチングセッション用の独自の形式を使用。

 
新しい緊急時対応サービス。提供元:Sfara + Bosch自動衝突検出テクノロジーとパーソナルSOSにより、50か国でサービスを提供するBoschのグローバルコールセンターから、ドライバーに音声通話を行います。

ゲーム手法。ユーザーがグループに分かれて楽しく競い合い、交通安全について話し合う場を提供します。ユーザーはチームメンバーの進捗状況やスコアを確認できるので、絵文字やチャット機能を使ってメッセージを送り、お互いに励まし合うこともできます。

Crash-Free Culture®ドライバーの危険管理のためにeDrivingが開発した定評のある5段階評価プログラム(特許取得済)は、営業、サービス、配送、問屋など、車両を使って業務を行う世界中の業種で活用され、継続的な行動変革を促し、安全を重視する職場環境の育成に役立てられています。

プライバシー第一、データの安全な環境。賛否両論のある追跡や監視の排除により、eDrivingのお客様はドライバーのプライバシーという権利を完全に尊重しながら、安全という重要なミッションに集中することができます。
 

  • [icon]
    情報およびデモ
    リクエスト

主な特徴