当社は、数々の受賞歴を誇る、世界中のドライバーの危険管理に関する第一人者です。

[Image]

約125か国で車両ドライバーが毎日無事に家族のもとへ帰宅できるための支援をしています。

eDrivingSMは、特許取得済みのドライバーの危険管理プログラムを通して、組織が追突事故、怪我、事故、車両の総所有コストを低減するお手伝いをしています。

Mentor by eDrivingSMは、追突事故を起こすリスクがあるドライバーの行動を収集・分析するスマホ対応のソリューションであり、ドライバーの危険行動の修正につながるような興味深いインタラクティブなマイクロトレーニングモジュールを、ドライバーのスマートフォンアプリに直接お届けします。当社のより広範な危険管理プラットフォームであるVirtual Risk Manager®の一環として、eDrivingは戦略的な必須要素である安全の確立を目指す組織が必要としているものを提供し、Crash-Free Culture®を作り上げようと努力しているドライバーマネージャーをサポートします。

eDrivingは、世界中の多くの大組織からドライバーの危険管理パートナーとして選択されており、125か国で100万人以上のドライバーをサポートしています。eDrivingのリサーチで検証されたプログラムは、過去25年以上にわたり、100を超える受賞によって世界中で認められています。

eDrivingとは?

ビデオを見る (3分15秒)

この業界に実績を持つeDriving。

世界のドライバーの危険管理に関する第一人者と言えるでしょう。

25年以上 の経験

120万人以上 の車両ドライバー

125 か国

45 か国語

100を超える 顧客アワード

世界中の業界リーダーが迷わず選択する、ドライバーの危険管理の第一人者です。あなたも成果を実感してみませんか?

当社は世界96か国で運営しており、業界を問わず、あらゆる組織のドライバーの危険管理が成功するよう支援しています。

[Image]

当社は、1996年、英国のハダーズフィールドから始まりました。1990年代には、200社以上の組織がISO9000を正式に取得してマルチメディアやオンラインツールの使用を開始できるようにサポートしました。これらのツールには世界初の防衛運転CD-ROMも含まれています。

今日、当社は世界中で、あらゆる業界でのドライバーの危険管理をサポートしています。英国のハダーズフィールド本社に加え、米国のニュージャージー州には米国本社、そして世界の約125か国で約120万人ものドライバーへのサポートを提供するグローバルカスタマーサクセスネットワークを構えています。