弊社は、高い評価を受けている、世界中のドライバーの危険管理に関する第一人者です。

[Image]

私たちは、125か国で営業、サービス、配送などのドライバーが毎日安全に帰宅できるよう支援しています。

Soleraの子会社であるeDrivingは、デジタル形式のドライバーの危険管理プログラム(特許取得済)を通じて、世界中の組織が事故、追突、怪我、交通違反、炭素排出量、および車両の総所有コストを低減するお手伝いをしています。

スマートフォンアプリのMentor by eDrivingSMは、危険な運転行為を検知してドライバーへの注意喚起を行ったり、安全運転を検知してドライバーを高く評価します。アプリ内機能としては、マイクロトレーニング、コーチング、ゲーミフィケーション、衝突報告、車両点検が備わっているほか、ドライバーが事故に巻き込まれる可能性を予測する検証済のFICO® 安全運転スコアが各自に与えられます。SfaraとBoschが提供するMentorの自動衝突検出テクノロジーとパーソナルSOSにより、50か国でサービスを提供するBoschのグローバルコールセンターから、必要に応じてドライバーへ音声通話や緊急サポートを行います。eDrivingの5段階形式のCrash-Free Culture®(特許取得済)のリスク低減メソッドは、営業、サービス、配送、問屋など、車両を使って業務を行う組織で安全意識の向上とリスクの低減を図るため、プライバシーとデータの安全性を第一とした環境で活用されています。

2018~2020年の期間に、24万人のドライバーが走行距離17億マイル(27億キロ)以上を走破し、270万モジュール分のマイクロトレーニングを受講しています。その結果は如実に現れており、リスクの高いドライバーの危険度は6か月後に32%15か月後に38%低下しました。

eDrivingは、世界中の多くの大組織からドライバーのデジタル危険管理パートナーとして選択されており、125か国で120万人以上のドライバーをサポートしています。研究によって裏付けされたeDrivingのプログラムは、過去25年以上にわたって120を超える賞により世界中でその有効性が認められています。

eDrivingとは?

ビデオを見る (3分15秒)

この業界に実績を持つeDriving。

世界のドライバーの危険管理に関するデジタル界の第一人者と言えるでしょう。

25+

年の経験

5.5B+

走行マイル数

2M+

の車両ドライバー

125

か国

45

か国語

125+

顧客アワード

世界中の業界リーダーが迷わず選択する、デジタル形式のドライバー危険管理の第一人者です。あなたも成果を実感してみませんか?

弊社は世界125か国で運営しており、業界を越えた、あらゆる組織のドライバーが危険管理を成功に導けるよう支援しています。

[Image]

当社は、1996年、英国のハダーズフィールドから始まりました。1990年代には、200社以上の組織がISO9000を正式に取得してマルチメディアやオンラインツールの使用を開始できるようにサポートしました。これらのツールには世界初の防衛運転CD-ROMも含まれています。

今日、当社は世界中で、あらゆる業界でのドライバーの危険管理をサポートしています。英国のハダーズフィールド本社に加え、米国のニュージャージー州には米国本社、そして世界の約125か国で約120万人ものドライバーへのサポートを提供するグローバルカスタマーサクセスネットワークを構えています。